記載の料金は特に記載がある場合を除き、すべて税抜です。

文字サイズ

@T COM(アットティーコム)のIPv6接続対応について

IPv6が必要とされる理由や現在のインターネットご利用への影響についてご案内いたします。また、現在ご利用中のインターネットへの影響についてもご案内いたします。

IPv6が必要な理由

IPv6(アイピーブイロク)とは、現在の規格に代わるものとして規定されたインターネット通信の後継規格です。
今後IPv6が必要とされる理由についてご説明いたします。

インターネットにはIPアドレスが欠かせません

IPv6が必要な理由を説明するためにまずはインターネットの仕組みから説明しましょう。
お客様がご利用になっているインターネットは「IPアドレス」という仕組みが使われています。IPアドレスとはインターネットにおける住所情報のようなもので、パソコンやホームページのサーバやメールサーバそれぞれに割り振られています。
このIPアドレスがあることによって、混乱なくインターネットの通信が行うことができていると言えます。

それぞれにIPアドレスが割り振られます。

現在の規格ではIPアドレスが不足します

現在、この住所情報は「IPv4」という規格が使われており、最大で約43億個割り振ることができるとされています。
これは充分な数のように見えますが、近年の世界規模でのインターネット利用の拡大やゲーム機などインターネット利用機器の増加により足りなくなってしまいました。
そこで新しい規格として「IPv6」が必要とされるようになったのです。

IPv4アドレスが不足しています。

IPv6なら解決することができます

IPv6なら無限に利用可能

IPv6が割り振ることができる住所情報の個数は(340澗(カン))個とされています。これはIPv4(最大約43億個)の4乗となり、例えればIPv4の個数をマッチ棒の太さとすると、IPv6の個数は宇宙の幅に相当するとされています。つまり、ほぼ無限に利用可能となるのです。
IPv6によりIPアドレスの不足を解決することができ、将来的にも安定したインターネットの利用が可能になり、さらにはIPv6ならではの技術やサービスも期待されています。

@T COM(アットティーコム)ではIPv6接続可能なコースおよび機器をご利用のお客様に、IPv6 PPPoE方式によるIPv6インターネット接続を提供いたします。
これにより、IPv6とIPv4の切り替え操作不要で、より快適にインターネットをご利用いただくことができます。

初期費用 無料
月額料金 無料
お申込み 不要
対象コース
  • @T COM(アットティーコム)ヒカリコース
  • ドコモ光 [@T COM(アットティーコム)]
  • フレッツ光コース
  • auひかりコース
提供エリア
  • NTT東日本 / NTT西日本における、フレッツ 光ネクスト / フレッツ光ライト提供可能エリア(静岡除く)
  • auひかり ホーム / auひかり マンション提供可能エリア(静岡除く)
必要な機器
    @T COM(アットティーコム)ヒカリ
    ドコモ光[@T COM(アットティーコム)]
    フレッツ光コース
    IPv6インターネット接続をご利用になるには、NTT東日本 / 西日本の「インターネット(IPv6 PPPoE)接続機能」に対応した機器をご準備いただく必要があります。※1
    auひかりコース
    KDDIが提供する宅内機器(ホームゲートウェイなど)
設定方法 設定変更は不要です。※1

※1弊社が提供する光ネットワーク無線LANルータ(WR8371N)をご利用のお客様はIPv6接続用ユーザIDの設定が必要です。
IPv6接続用ユーザIDは「ご契約内容確認書」「登録完了のお知らせ」に記載されている「@t-com.ne.jp」が「@v6.t-com.ne.jp」に変更となります(ユーザパスワードに変更はありません)。機器の設定方法に関する詳細についてはこちらをご確認ください。

注意事項