記載の料金は特に記載がある場合を除き、すべて税抜です。

文字サイズ

記載の料金は特に記載がある場合を除き、すべて税抜です。

図書カードプレゼント情報

抽選で40名様に全国で使える図書カード1,000円分プレゼント

今月のピックアップ作品

【歴代の『このミステリーがすごい!』大賞受賞作品】

「このミス」は2002年から始まった宝島社4大大賞の1つで、ドラマ化・映画化された作品も数多く輩出しています。ホラー的要素・SF的設定が色濃くても、社会性・現代性に富んだ斬新な発想のミステリーならOKなのが「このミス」。刺激的で読みごたえある作品たちのなかから、大賞を受賞した3作品をご紹介します!

おすすめの本

古代の工芸品「オーパーツ」を散りばめた新感覚ミステリー

『オーパーツ 死を招く至宝』

    著者
    蒼井碧
    出版社
    宝島社
    価格
    1,380円+税
表紙『オーパーツ 死を招く至宝』
あらすじ

その時代の技術では作ることができないはずの人工物「オーパーツ」。大学生の鳳水月(おおとりすいげつ)は、自分とそっくりな外見をしたオーパーツ鑑定士・古城深夜(こじょうしんや)と共に、4つの完全密室殺人事件に挑戦する。「十三髑髏(どくろ)の謎」「浮遊」「恐竜に狙われた男」「ストーンヘンジの双子」――。それぞれの事件ごとに登場するオーパーツの神秘性、難攻不落のトリックに古城と鳳はどう立ち向かっていくのか。

コラム

ミステリーに関心の薄い世代をどうしたら振り向かせられるのか。もし、そんな命題が論じられたとしたら、本作は絶好の“パーツ”となり得るでしょう。全編に散りばめられた軽快なトーク、オーパーツそのものが持つ魅力、4編に分かれた読みやすいショートストーリー、「すべてのPARTSは揃った」という古城の決めゼリフ……。読者を待ち受けているのは、古代アドベンチャー映画や名作推理アニメさながらの展開です。本作は、必ずしも従来の古典ミステリーのような「幾重にも伏線が張られた謎解き」を目指しているのではなく、個性豊かな登場人物が、リズミカルなテンポでミステリーの世界を案内します。いままでの作品になかった視点という意味で、『このミステリーがすごい!』大賞の異端児といえるでしょう。幅広い読者を引きつけるフックとして、古代文化の謎に焦点を当てたところが、何よりのアイデアです。

こちらもおすすめ

応募要項

図書カード40名様にプレゼント!
抽選で「図書カードNEXT」1,000円分を40名様にプレゼントいたします。
【図書カードNEXTについて】
図書カードNEXTは全国の書店9,000店舗でご利用でき、また残高や使用履歴をネットでご確認いただけます。
※使用期限(10年間)がございますのでご注意ください。

図書カードNEXT

    応募期間
    2018年11月19日(月) ~ 12月18日(火)
    応募資格
    @T COM(アットティーコム)をご利用の会員様
    当選発表
    当選者の発表は賞品の発送をもってかえさせていただきます。
    ※賞品の発送時点で@T COM(アットティーコム)のインターネット接続サービスをご解約されているお客様は無効となりますのでご注意ください。

最新記事