現在位置と文字サイズ変更

インターネット接続サービス一覧 > ADSL接続サービス > ADSLトラブルシューティング > 以前は接続できていたが、突然接続できなくなった



ADSLトラブルシューティング

以前は接続できていたが、突然接続できなくなった

1.機器の接続の確認

念の為、モデムとパソコン、電話機などの機器の接続方法に誤りがないかご確認ください。
機器の接続方法は、モデムに同梱の設定マニュアルに記載されております。
設定マニュアルは以下のページのダウンロードサービスからも入手いただけます。

↓

2.POWERランプの確認

モデムの電源が入っているか確認してください。モデムの電源が入っている場合は、POWERランプが点灯します。
電源コンセントに正しく差し込まれているか、ACアダプタがモデムにきちんと差し込まれているか、ご確認ください。

↓

3.LANランプ/PCランプの確認

LANランプ/PCランプが点灯しているかご確認ください。モデムとパソコンがLANケーブルで接続されているればLANランプ/PCランプは点灯します。
モデムとパソコンのLANケーブル差込口にしっかり差し込まれているかご確認ください。点灯しない場合は、他のLANケーブルに替えて試してみてください。

↓

4.ADSLランプ/LINEランプの確認

↓

5.PPPランプの確認

PPPランプが点灯しない(点滅または消灯している)場合は、モデムの設定が終っていない可能性があります。
以下のページをご覧になりモデムの設定を行ってください。

なお、PPPランプはADSLランプ/LINEランプが点灯していない(ADSL接続が確立していない)と、点灯しません。

↓

6.モデムの電源の入れなおし

長時間モデムの電源を入れっぱなしにすると、モデムが熱を持ち処理能力が低下し、ADSL速度が低下したり接続できなくなる場合があります。

一度モデムの電源を抜きしばらくしてから電源を入れてください。

↓

7.アンチウイルスソフトやパーソナルファイアーウォールソフトの一時停止

アンチウイルスソフトやパーソナルファイアーウォールソフトが速度低下の原因になっている場合があります。一度ソフトを停止し速度が改善するかどうか試してみてください。

なお、ソフトの一時停止はお客様の責任でお願いいたします。確認した後はソフトの設定を戻してください。一時停止方法がご不明な場合は、各ソフトメーカにお問い合わせください。

↓

解決しない場合

残念ながら、解消されない場合は、回線品質や距離、外部環境が原因である可能性があります。

回線品質や距離が原因の可能性

回線品質が悪かったり、NTT収容局からの距離が遠い場合は、ADSL信号が減衰して速度が低下します。以下の回線品質・距離の検索ページから回線品質をお調べいただけます。

外部環境が原因の可能性

NTT収容局からお客様宅までの間に、幹線道路や鉄道、工場、AMラジオ局、河川等があると、ADSL信号が減衰し速度が低下する原因になります。

速度低下は、帯域調整を行うことで改善することがあります。

帯域調整とはADSLで使用する周波数帯域を絞ることによって接続の安定化・通信速度の向上を試すことです。
以下のページから帯域調整をご依頼ください。

↑このページトップへ