記載の料金は特に記載がある場合を除き、すべて税抜です。

文字サイズ

記載の料金は特に記載がある場合を除き、すべて税抜です。

図書カードプレゼント情報

抽選で40名様に全国で使える図書カード1,000円分プレゼント

おすすめの本

75歳で芥川賞を受賞した「新人女性作家」のデビュー作

『abさんご・感受体のおどり』

    著者
    黒田夏子
    出版社
    文春文庫
    価格
    940円+税
表紙『abさんご・感受体のおどり』
あらすじ

物語の語り手がある日、自身の子供の頃の夢を見たことをきっかけに、子供時代から今に至るまでを思い返してゆく。片親が先に亡くなったこと、家政婦と3人で過ごした多感な時期、家を出たときのこと。そして現在、両親を見送った語り手が過去を振り返りながら思うことは…。
芥川賞受賞の表題作のほか、文庫版の本作には日本舞踊の世界を舞台に、師への恋心を軸とした人間ドラマを描く長編小説「感受体のおどり」を収録。

コラム

インターネット全盛期のこの時代に、どれだけブラウザ上で横書きの日本語文章を目にする機会が増えたとしても、やはり小説は縦書きだと思われている方が多いのではないでしょうか。この本を手に取りページをめくったとき、まずその光景に衝撃が走ります。本作は横書きで構成されているのです。
カタカナやかぎかっこを全く使わず、漢字に変換できる言葉も極力ひらがなで記す独特の文体。あえて固有名詞を使わず読み手に言葉の意味を考えさせる表現。著者自身も「一見なじみにくい」と語っている通り、おそらく多くの読者が「これは手ごわそうな小説だ」と感じるかもしれません。
「天からふるものをしのぐどうぐ」「かゆみをもたらす小虫の飛来からねむりをまもるため」の「やわらかい檻」―。これらの言葉を解読するため、必然的に想像力を働かせながら読むことになり、読者自身の読み解く力が試されます。しかし、時間をかけて読み進めていくことで、自分だけの物語の世界が広がることになるでしょう。

こちらもおすすめ

応募要項

図書カード40名様にプレゼント!
抽選で「図書カードNEXT」1,000円分を40名様にプレゼントいたします。
【図書カードNEXTについて】
図書カードNEXTは全国の書店9000店舗でご利用でき、また残高や使用履歴をネットでご確認いただけます。
※使用期限(10年間)がございますのでご注意ください。

図書カードNEXT

    応募期間
    2017年8月9日(水)~2017年9月5日(火)
    応募資格
    @T COM(アットティーコム)をご利用の会員様
    当選発表
    当選者の発表は賞品の発送をもってかえさせていただきます。
    ※賞品の発送時点で@T COM(アットティーコム)のインターネット接続サービスをご解約されているお客様は無効となりますのでご注意ください。
BOOKFAN@T COM(アットティーコム)書店

最新記事